あけましておめでとうございます!

初詣、もう行きましたか?

それともこれから行きますか? そんな初詣につきものなのは「おみくじ」!

ところで、「おみくじの運勢がいい順番」って、ご存じですか?

大吉がいちばんいい、というのはわかるとして、中吉、吉、小吉……どの順番でいいのかって、何年何十年とおみくじをひいてきても、意外と知らない……という方が多いのではないでしょうか?

というわけで、「おみくじの順番」を調査した過去記事よりご紹介します。

■中吉?吉?小吉?おみくじの「運勢がいい順番」とは?

【まずは基本をおさらい】

全国の神社を統括する神社本庁さんにうかがってみると、まず「おみくじの順番は各地域によって異なることもあり、一概にどの順番が良いかという明言はできません」とのこと。ビックリ。

そう、おみくじのラッキーな順番は、実はひとつに決まっていないんです!

という前置き上で、一説では大きく分けて2パターンがあるとのこと。(※あくまで一説です。)

【パターン1】良いものから順に……大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶
【パターン2】良いものから順に……大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶

つまり、吉の中では大吉が一番よく、末吉が凶チームの次にあまりよくないということは共通しつつも、どうやらそれ以外は各神社や地域によって違いがある。

というわけで、参拝客が多い日本の有名神社に直撃してみました。

明治神宮や成田山、浅草寺の場合をご紹介します!

【有名神社に「おみくじの順番」を直撃してみました!】
【明治神宮】
参拝者数1位と言われる明治神宮は……。

なんとそもそも吉凶が書いてありません。

うかがってみたところ、明治神宮では「大御心(おおみごころ)」という明治神宮独自のおみくじを採用しており、明治天皇や昭憲皇太后が詠んだ和歌の中から厳選した30首に解説文をつけたものを「大御心」と題して授与しているようです。
いわゆるおみくじとは違って味わい深いものです。

【明治神宮のおみくじの順番】明治神宮のおみくじにはそもそも「吉凶」の概念が存在しない。

【成田山】

千葉県・成田にある成田山。こちらも初詣に約300万人もの方が訪れます。

1月1日~28日の期間限定で、おみくじの自販機が設置されていることでも有名です。

成田山の方におみくじの順番をうかがってみると……。

【成田山のおみくじの順番】

大吉、吉、半吉、小吉、末吉、凶

「半吉」という新キャラが登場しました。位置的に考えると他の神社で言う「中吉」のような存在でしょうか。成田山で

「半吉」を引いた方はそこそこいい順番と思っておくとよいですね!

【浅草寺】

「凶が出やすい」と話題の浅草寺ですが……。

【浅草寺のおみくじの順番】

大吉、吉、半吉、小吉、末小吉、末吉、凶

また現れました、半吉。そしてさらに新キャラです、末小吉。

「半吉」やら「末小吉」やら何やら難しいのですが、このページをお気に入りに入れた上でおみくじを引けばバッチリですね。

ちなみに浅草寺では、100本あたり、どの吉凶が何本かというものが厳密に決められているようです。

【浅草寺のおみくじの比率】

大吉:17本
吉:35本
半吉:5本
小吉:4本
末小吉:3本
末吉:6本
凶:30本

なんと、約3分の1が凶! 「凶が出やすい」のは「なんとなくそんな気がする」ではなく「確かな数値に基づいている」のですね。

ちなみに、また別の、原宿にある「東郷神社」で私はおみくじの凶を引いたことがあるのですが、その際にふと神社の方に「凶を引いてしまったんですけど、どうしたらいいですか……」と聞いてみると「凶はこれから上がっていく、ということを示す、いいおみくじです」とのことです。

凶を引いたからと言って落ち込む必要はありません!

このように「おみくじで縁起がいい順番」は、本当にバラバラでした。

要するに一番手っ取り早いのは、行った神社の方がそこまで忙しくなさそうなタイミングで「ところでここのおみくじの順番ってなんですか?」とうかがってみることです。

そしてどこの神社の方も共通でおっしゃっていたのは、「大事なのは、順番よりもそこに何が書かれているか」。

ついつい何吉か…ということばっかり気にして一喜一憂してしまいますが、今年はおみくじの文章の部分もきっちり読み込みましょう。さあ、よき初詣を!

 

引用元:CanCam.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010003-cancam-life