ひらがなで書けば誰もが知っている言葉なのに、漢字で書かれるととたんに読めなくなってしまう。

そんな日本語って結構たくさんありますよね。

たとえば、冬に悩む人が多い「皸」。

寒い日に恋しくなる「湯湯婆」や「火燵」。

雪にまつわる言葉「霙」など。

そんな読めそうで読めない日本語にまつわるクイズ、新年一発目のお題は……コチラです!

「御神籤」。なんと読むか分かりますか?

すごく難しそうに見えるこの言葉も、読み方を聞けば誰もが知っているような、おなじみの日本語なんです。

この日本語は、とくにお正月の時期になるとよく見かけるようになります。初詣に出かけた人は、神社やお寺できっと実物を見ているはず。

大ヒントとして、この言葉の意味を調べてみましょう。

小学館デジタル大辞泉によると、「御神籤」の意味は次のとおりです。

「神仏のお告げを得て吉凶を知るために引く、くじ」

はい、もうお分かりですね?

では正解を見てみましょう。

「御神籤」の読み方はコチラです!

正解は「おみくじ」でした。

1年の最初の運試しに、初詣で御神籤を引く人は多いもの。

良いことが書いてあると嬉しいし、あまり良くないことが書いてあっても「気をつけよう」と思えます。

見た目がかわいい御神籤も多く、選ぶときもワクワクしますよね♪

身近な言葉がもっと楽しくなるCanCam.jpの日本語クイズは、毎朝6時に更新しています。他の問題にもぜひチャレンジしてみてください!

 

引用元:CanCam.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010004-cancam-life