「ワッハッハッ」と参拝客らと一緒に笑い初えびすを盛り上げる七福神

愛知県瀬戸市の深川神社で5日、新春恒例の「初えびす」が催され、きらびやかな衣装の「七福神」らがにぎやかに盛り上げた。

商売繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する初えびすで開催される「深川初えびす七福神行列」は、市中心部の末広町、中央通、銀座通りの3商店街が主催。七福神には「ミスせともの」の3人と公募で選ばれた4人が扮装(ふんそう)した。

七福神は、本殿横にまつられる恵比須大黒のもとで祈とうを受け、境内で幸田町三河万歳保存会のメンバーが奉納する「三河万歳」に合わせて舞い踊った。

その後、神社に向かって参拝客らと一緒に大声で「ワッハッハッ」と笑う「初笑い」を行い、各商店街を練り歩いた

 

引用元:毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000034-mai-soci