正月を前に、福岡市西区にある愛宕神社では、初詣客を迎えるための最後の準備が進められ、門松が登場しました。

愛宕神社の本殿には、26日朝、境内の竹で新しく作った一対の門松が飾られました。

破魔矢などの縁起物も並び、巫女や神職たちは、正月を迎える準備に追われています。

26日は、長さ5メートルの御神竹を使って拝殿のほこりを落とすすす払いも行われました。

この神社は今年の夏から早くも「おみくじ」作りに取りかかっていて、手作業で50万体が用意されています。

高台にあり、初日の出を拝む場所としても人気がある愛宕神社は、令和最初の正月三が日で60万人の参拝客を見込んでいます。

 

引用元:RKB毎日放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00010001-rkbv-l40