新年に向けて、新潟市の白山神社で熊手などの縁起物の準備が進められている。

新潟市中央区の白山神社では26日朝、巫女が熊手や破魔矢、お守りなど初詣に向けた縁起物の準備を行っていた。

新年に向け約100種類、40万個を準備したという。

最近は商売繁盛を願い福をかき集める熊手を求める人が増えているという。

縁起物が並べられると、さっそくお札などを求める人の姿があった。

白山神社禰宜の小林慶直さんは「令和最初のお正月になりますので、新たないいスタートが切れるようにと思って準備を進めています」と話した。

白山神社では正月三が日で18万人の参拝客を見込んでいる。

また、正月の期間限定で金の文字の御朱印も用意しているという。

 

引用元:TeNYテレビ新潟
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000148-teny-l15