桂竹千代 (落語家)

今年は令和元年。神様とご縁の強い年でした。
そして、もうすぐお正月。
初詣に行く前に、神様のこと、もっとちゃんとお勉強しておきましょう!
落語家・桂竹千代著の新刊『落語DE古事記』より、神様の話を紹介します。
病気平癒の神様は、あの有名な神話がもとになっていたとは、意外!?*   *   *

「第十話 81回目のプロポーズ」より

イナバの白うさぎは、実は神様でした!

ここからしばらくはオオクニヌシが主役の物語となります。

舞台は変わらず山陰地方です。

ちなみにオオクニヌシは奥さんがたくさんいて、子どもが181柱もいたと言われます。

子ども生むの得意なのは、舞台が山陰(産院)だからかな! たけっちです!

オオクニヌシには名前がたくさんあります。大穴牟遅神(オオナムヂノカミ)、葦原色許男(アシハラノシコオ)、八千矛神(ヤチホコノカミ)、宇都志国玉神(ウツシクニタマノカミ)。別名たくさん。物語によって性格や立場が変わるので、その都度使い分けているようですが、便宜上オオクニヌシと言っておきます。

ペンネーム、ハンドルネーム、ラジオネーム、リングネーム使い分けてるみたいなもんです(ホントかよ)。

彼には兄が80人います(シャケ並みの多さ。あ、正しくは「80柱」だね)。これを八十神(ヤソガミ)と言います。このヤソガミが全員、因い な幡ば(現・鳥取県東部)に住む八上姫(ヤガミヒメ)を好きになります(兄弟揃って同じ好み)。

そして80柱の兄全員が、同時にヤガミヒメにプロポーズに行きます(こわ!)。

ちなみに、八上姫は「八」の上と書くから、つまり「九」です。そこに皆でキュウコンに行くって面白いじゃないですか。

末っ子のオオクニヌシはイジメられてるので、ヤソガミの荷物を全部もたされて、後ろの方から付いていかされました。

ヤソガミ達が岬に来ると、一羽のウサギが苦しんでいます。

ヤソガミA「どうしたのウサギさん?」

ウサギ「サメに毛皮剥は がされちゃって痛いんです~」

この「サメ」なんですが、『古事記』には、実は「ワニ」と書いてあります。

でも日本には元々ワニが生息していないのと、鮫さめをこのあたりの方言で、「ワニ」と言うらしいので、サメのことだとされています。

ヤソガミB「おう、ウサ公、心配すんなよ! 海水浴びて風にあたってりゃ治るぜ」

ウサギ「ほんと? ありがとうございます!」

そのとおりやると、皮膚はもっとただれて痛くなります。そりゃそうですよね。傷口に塩塗っちゃってるわけだから。ちょっとは考えてウサピョン!

こういう間違ったアドバイスというのは、寄席の楽屋でもよくあります。

落語家は入門すると、まず4年間の前座修業があるのですが、楽屋入りして最初に先輩方に教わるのが、師匠方への「お茶の出し方」です。

師匠によってお茶の好みがそれぞれ違います。濃いのがいいとか、薄いのがいいとか、熱いのがいいとか、ぬるめがいいとか、冷たいのしか飲まないとか、ノンカフェインじゃないとダメだとか……それを覚えることから始まるわけです。また、お茶を出すタイミングもそれぞれ違います。

ある時……でした。ボクが楽屋にいた師匠に「お茶でございます」と差し出すと、その師匠は「ありがとう」と言ってお茶を受け取り、すぐ机の上に置きました。これを見ていた某先輩が、

Kアニさん「おい、お前ちょっとこっち来い!」

竹千代「はい、アニさん」

Kアニさん「お前な、さっき師匠が、お茶受け取って、すぐに机に置いただろ? あれは飲むタイミングじゃなかったんだよ。飲みたい時は受け取ったらすぐに口つけるんだから。お茶出しはタイミングが肝心だぞ」

竹千代「かしこまりました、すみませんアニさん」

Kアニさん「おれが見本見せてやるから、そこで見とけ!」

アニさんがお茶をもって別の師匠のところへ行きます。

Kアニさん「師匠、お茶でございます」

師匠「そこ置いといて」

受け取りすらしない!! ……だって、その師匠は着替えの途中だから最悪のタイミング。

Kアニさん「見たか? こんなもんだよ」

いや、どんなもんだ!!

かわいいアニさんです。

話をウサギ(三遊亭右左喜(うさぎ)師匠っているのよね)に戻します。

さらに痛がっていると、一番後ろにいたオオクニヌシが通りかかります。

オオクニヌシ「ウサギさん、どうしたんだい?」

ウサギ「サメに毛皮を剥がされちゃって痛いんです!」

オオクニヌシ「どうしてサメに毛皮を剥がされてしまったの?」

ウサギ「実はオキノシマ(島根県の隠岐(おき)島or福岡県の沖ノ島と言われてるよ)からこちらに渡りたくて、でもボク泳げないから、いろいろ考えて、サメにこう言ったんです。『キミらの種族とボクらの種族とどっちが数が多いか勝負しよう! ボクが数えてあげるから皆一列に並んで!』って。並んだサメの上を踏みながら数えて、最後のサメになったとこで『こっちに渡りたかっただけだよ! 騙されやがってバーカバーカ!』って言ったら、サメが怒って、ボクは毛皮剥がされちゃったの……ボク悪くないですよね!?」

お前が悪いー! 余計なこと言わなきゃいいのよ。

実はこのウサギ、北海道の釧路から因幡へ渡ってきたんじゃないかとボクは考えてるんです。

だって、釧路は湿原(失言)が多いんでね。たけっちです!(座布団1枚!)

ウサギ「さっき80人くらいの団体観光客に言われて海水を浴びたんです。そしたらよりひどくなっちゃったんです! 思えば顔も何か怖かったし、うさんくさかった! 何だあいつら!」

オオクニヌシ「ごめん、オレの兄貴達が」

ウサギ「え、全員兄貴? シャケなの?」

オオクニヌシ「弟として、本当になシャケない」

ウサギ「……何か別の意味で、より痛みが増してきた! 助けてー!」

オオクニヌシ「よし、ウサギさん、川で体を洗って、蒲(がま)の穂の花粉の上に寝転がってみて。きっと治るよ」

ウサギ「あのうさんくさいやつらの弟の言うことを聞いて、大丈夫かな~」

オオクニヌシ「ウサギさん、心の中の声、出ちゃってるよ」

ウサギ「あ、ごめんなさい。素直なもんで」

オオクニヌシ「素直は時に刃(やいば)となるのよ。だからサメにも余計なこと言っちゃったのね。でもオレを信じてやってごらん」

ウサギがオオクニヌシの言うとおりにすると、元どおりに白い毛が生えてきた!

これがかの有名な「イナバの白ウサギ」です(物置じゃないよ)。

このエピソードから、オオクニヌシは病気平癒の神様でもあるのです。

ちなみに、このイナバの白ウサギの舞台と言われているのが、鳥取県の白兎(はくと)海岸です。

実際に行ってみると、近くにウサギが渡ってきたという小島もあります。オオクニヌシとウサギの銅像もあります。

海岸付近にある白兎神社には、このウサギがまつられていて、皮膚病や火傷に効く神様と言われています。境内にはウサギが体を洗ったとされる池もあります。蒲の穂エキス入りクリームも売ってます(商売上手!)。

~ここから先は本書でお楽しみください!桂竹千代著『落語DE古事記』~*   *   *

イナバの白うさぎの神話は有名ですから、知ってる人も大勢いるでしょう。でも、まさかこの白うさぎさんが、病気平癒の神様だったとは…!
しかし、白兎神社で売ってるという「ガマのクリーム」、効きそうだな。ほしいな。
ということで、次回は、再生や発展にご利益のある神様の登場~!

■桂竹千代(落語家)
\n落語家。千葉県旭市出身。1987年3月17日生まれ。2005年千葉県立匝瑳高校卒業。2009年明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。2011年明治大学大学院文学研究科古代日本文学専攻修士課程修了。元ニュースタッフエージェンシー所属漫才師、ゴーギャン職人。2011年7月、桂竹丸に入門、前座「竹のこ」。2015年9月、二ツ目昇進、「竹千代」。2019年3月、第18回さがみはら若手落語家選手権優勝。新宿末広亭や浅草演芸ホールなどの寄席を中心に、全国各地で落語会に出演。その他、イベント・結婚式司会、温泉ツアーガイド、古代史講座、大学講師、社会教育講演など幅広く活躍。旭市観光大使も務める。エンタの神様(日本テレビ)、爆笑オンエアバトル(NHK)、メレンゲの気持ち(日本テレビ)、グリコポッキーCM、どうする東京(MXTV)、50ボイス(NHK)、BS笑点特大号(BS日本テレビ)、ミッドナイト寄席ゴールデン(BS12)、夕やけミッドナイト寄席(BS12)SHARP・アクオス落語(全国の家電量販店にて放映)、日曜バラエティー・レギュラー出演(NHKラジオ第一)2018年4月~2019年3月、桂竹千代のJAGARAKU(FM帯広)2018年4月~2019年3月、OH! HAPPY MORNING「Today’s Focus」(JFN)※古代史専門家としてニュースコメント、春風亭昇太のピローな噺(dtvチャンネル)、竹千代の風土記(CS寄席チャンネル)などに出演。

 

引用元:幻冬舎plus
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00014462-gentosha-cul