受験シーズンを前に、JA兵庫南が、学問の神様・菅原道真を祭る天満神社(同県稲美町国安)で祈祷を受けた「合格祈願米」の販売を始めた。

「受験生を応援するような商品を」と、同町の農家が発案した。

町内で生産する減農薬・減化学肥料のコシヒカリ「万葉の香」を使用。11月26日に新米約3トンを同神社の拝殿前に運び、神職が祈祷した。

精米した3合を袋詰め。パッケージには、JA兵庫南のマスコットキャラクター「ふぁ~みんくん」と合格祈願の絵馬をあしらった。

1袋500円。稲美町六分一のJA直売所「にじいろふぁ~みん」で、3月中旬ごろまで販売する。

にじいろふぁ~みんの佐藤大輔所長(46)は「毎日のご飯に少しずつ足したり、ここ一番の勝負飯に使ったりしてほしい。贈り物にも最適」とPRする。

 

引用元:神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000004-kobenext-l28