全国で宿泊施設を展開する星野リゾート(長野県)は、京都府と滋賀県境の比叡山にあるホテル「ロテルド比叡」(京都市左京区)の運営を来年3月末で終了する。

契約期間が満了するためで、ホテル事業は継続されるという。

ホテルは京阪電気鉄道が「ロテル・ド・比叡」の名前で1999年、比叡山国際観光ホテル跡地に開設。

当初はフランスの雰囲気を前面に出すスタイルで、デザインも同国の建築家らが手掛けた。

2015年に業務委託を受けて運営を引き継いだ星野リゾートは、滋賀の魅力を取り込む形でホテルの路線を転換。

ふなずしなど湖国の味覚を料理に生かし、比叡山の歴史・文化を体験するアクティビティーも取り入れた。

17年には琵琶湖を望むテラスを新設し、「SNS(会員制交流サイト)映えする」と人気を集めた。

「集客は好調」(同ホテル)だったが、5年の契約期間が満了し、運営を終えることとなった。

ホテルは現在ホテル京阪の所有で、京阪ホールディングスは「宿泊事業は継続するが、運営主体や運営方針については検討中だ」としている。

ロテルド比叡は、集大成となる宿泊プラン(2~3月)を販売している。発酵食や延暦寺(大津市)での厄よけ参拝が体験できる内容。

比叡山の寺社を巡るための「御朱印帳」をプレゼントし、「宿泊客と滋賀の縁が次につながるようにしたい」とする。

 

 

 

 

 

引用元:京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00197585-kyt-l26