大ヒット祈願イベントに登場した成田凌(左)と波瑠

 映画『弥生、三月―君を愛した30年―』大ヒット祈願イベントが3日、東京都内の東京大神宮で行われ、出演者の波瑠と成田凌が登場した。

 本作は、昭和から令和へと時代をまたぎ、愛を紡いだ弥生(波瑠)と太郎(成田)の30年間を描くラブストーリー。

本作の大ヒットを拝殿で祈願した波瑠は「コロナウイルスの影響で学校がお休みになったり、テーマパークが閉まってしまったりと残念なことが多いので、早く終息してほしいなってお願いしました。何の心配もなく皆さんに『弥生、三月』を映画館に見に行ってもらえるようにって」と話した。

本作のテーマである「3月」の思い出を聞かれると、「事務所に入るきっかけになったオーディションが3月にあったり、朝ドラのオーディションも3月にあって、(出演が)決まって4月、5月と生活がどんどん変わっていった記憶があります。3月は物事が大きく変化してきた月です」と答えた。

成田は「僕は高校の卒業式が終わった後に、友達と3人で卒業式をもう一回やりました。卒業式がしんみりしていたので、体育館で2時間ぐらいかけて、3人で、本人役と校長先生役と全役をやって、もう一周全部ふざけてやりました」と思い出を披露した。

また、縁結び神社でのイベントにちなみ「理想のデートは?」と質問されると、成田は「この仕事をしていたら、なかなかデートってできないんですけど、お互いの趣味とか好きなことを順番にやったらいいなと思います。運動が好きな相手だったら、一緒にジャージーを買いに行くところからスタートしたり、僕は写真を撮るのが好きなので、カメラ屋に行ったり、お互いのわがままを聞く“わがままデート”をしてみたいです」と笑顔で答えた。

映画は3月20日から全国東宝系で公開。

 

引用元:エンタメOVO
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200303-00000004-tvfan-ent