淡嶋神社の「ひな流し」で、小舟に乗せる前に集まった人たちにひな人形を見せるみこ

和歌山市の淡嶋神社で3日、女の子の健康や成長を願い、人形を乗せた重さ約100キロの小舟を海に流す神事「ひな流し」があった。

例年は女性参拝客らが海辺まで小舟を担ぐが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、軽トラックで運んだ。

桃の枝や菜の花の飾りが付いた3隻の小舟に、おはらいを済ませたひな人形計約400体を、みこが一つずつ丁寧に乗せた。

その後、小舟はトラックで運ばれ、多くの参拝客に見守られながら春の海に送り出された。

淡嶋神社は人形供養で知られ、この1年で全国から約5万体のひな人形が奉納された。

 

引用元:共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000116-kyodonews-soci