妙心寺に伝わる明智光秀の辞世の句をプリントしたTシャツ

戦国武将の明智光秀と臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺(京都市右京区)のゆかりを広く知ってもらおうと、寺に伝わる光秀の辞世の句をプリントしたオリジナルTシャツを妙心寺派が作った。

NHK大河ドラマで光秀が脚光を浴びる今、禅寺と戦国武将の縁に思いをはせてほしいと狙う。

妙心寺境内にある「明智風呂」(重要文化財)は、光秀の叔父で妙心寺塔頭の大嶺(たいれい)院(現在は廃寺)住職だった密宗(みっそう)が光秀を弔うために創建したと伝わる。

寺には光秀の辞世の句「順逆不二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」が伝わっていて、「順逆無二門」とされることの多い句が、1文字違う形で歴代の僧侶の間に伝えられてきた。

Tシャツには、この句を妙心寺派の小倉宗俊管長が揮毫(きごう)したものをプリント。

妙心寺で自害しようとしたとも言われる光秀の覚悟が流麗な文字で表現されている。

白と黒の2色あり、同派では「この機会に妙心寺のことをより深く知ってほしい」としている。

隣接する花園会館内の妙心寺派直売店で発売中。

 

引用元:京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00274054-kyt-l26