貴船神社の音楽を制作したコムアイ(水曜日のカンパネラ)

SpotifyやApple Musicといった音楽ストリーミング配信サービスの普及によって、いつでも、どこでも好きな音楽を聞ける時代になった。

そうした時代において、“特定の場所”でしか聞けない音楽があったとしたら、興味が湧かないだろうか?

今日から京都でユニークな取り組みがスタートした。トラベルオーディオガイド「ON THE TRIP(オンザトリップ)」を手がける、on the tripは2月6日、アーティストがその地にまつわる音を使い、そこでしか体験できない“物語のある音楽”をつくるアートプロジェクト「SOUND TRIP(サウンドトリップ)」を開始する、と発表した。

SOUND TRIPは京都のお寺や神社と提携し、それぞれその寺社で流れる水の音や鳥の鳴き声、声明などを収録。

その音を使いながら、そこに行かなければ聴けない音楽体験を制作する、という取り組み。

訪れる参拝者は、指定の場所で体験料(300円)を支払うことで、お寺や神社でしか聴けない音楽を聴くことができる。

まず、第1弾の音楽としてリリースされたのが壬生寺、貴船神社、三千院の3つ。壬生寺の音楽は、ベルリン在住で電子音楽を制作するKyokaが、水が生まれる地である壬生寺(水生寺)の地下から湧き出る水の音とお囃子(はやし)を電子音楽と組み合わせて制作。

貴船神社の音楽は、コムアイ(水曜日のカンパネラ)とオオルタイチが、二人でユニットを組み、貴船神社に祀られる竜神からインスピレーションを受けて制作した。そして三千院の音楽は、フィールドレコーディングで有名なYosi Horikawaが三千院が発祥の声明を収録し、さらに自然豊かな大原の山の音、鳥の鳴き声などを採集し極楽浄土の音を再現したという。

今回の3つのお寺や神社に続き、現在京都にある10社寺と連携を進めており、第2弾は、2020年3月頃にリリース予定とのこと。

旅先で出会った音楽は、その旅のテーマソングになる

「京都の社寺を中心に提携しながら、将来的にはこの取り組みを日本各地へと広げていく予定。当時、最先端で活躍していたアーティストの狩野永徳や長谷川等伯の作品がお寺や神社で展示されていたように、日本の寺社で新しい音の体験を世界中のアーティストともに制作していきます」(成瀬)

今回の取り組みについて、このように語るのはon the trip代表の成瀬勇輝だ。on the tripはこれまでにお寺、美術館のオーディオガイドアプリを制作してきたが、なぜこのタイミングで“物語のある音楽”をつくることにしたのだろうか。

「いまの時代、スマートフォンを開けば、いつでも好きな場所で音楽が聴けます。とても便利になった一方で、個人的にはその場所で音楽を聴くからこそ、体験が変わることがあるんじゃないか、と思います。たとえば旅先で、その地に昔から伝わる民謡を発見したとき。あるいは、その土地について語られた歌に出会ったとき。それが旅のテーマソングとなり、ともに旅をしてくれます。

そしてその音を聴くたびに、あの時の旅の感動がよみがえってくる。決して、どこでもいいわけではありません。 今回、新たに始めるサウンドトリップは、音楽を聴くことで旅の体験をふくらませる実験です。どれもその地に関わりある音を使った、そこで体験することに意味のある音楽。それも寺社を中心に展開していきます。

当時、最先端で活躍していたアーティストの狩野永徳や長谷川等伯の作品がお寺で展示されていたように、寺社は文化サロンであり、伝統とは前衛の積み重ねだからこそ、物語のある音楽をとっかかりに、その地の物語を探ってほしいと思っています」

今後、Forbes JAPANではSOUND TRIPの仕掛け人である成瀬と、音楽を制作したアーティストたちの対談記事も掲載していく予定だ。

 

引用元:Forbes JAPAN
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00032174-forbes-cul