26日の「文化財防火デー」に合わせて、奈良県の世界文化遺産・「法隆寺」では防火訓練が行われました。

法隆寺では訓練を前に法要が営まれ、地元の消防団が参加しました。

1949年1月26日、法隆寺の金堂で火事が起き、有名な壁画が焼損しました。

これを教訓に1月26日は「文化財防火デー」と定められていて、全国の寺や神社などでは毎年、防火訓練が行われています。

訓練では自動放水装置のテストや、境内にある鏡池の水を使った一斉放水を行い、消火の手順などを確認しました。

去年はフランスのノートルダム大聖堂や沖縄の首里城などで大規模な火災が起きていて、訓練に参加した人達は防火への心構えを新たにしていました。

 

引用元:関西テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-02273807-kantelev-l29