大相撲力士や年男年女らが舞台から豆をまいて悪鬼を払い、福をもたらす神を迎える「中尊寺大節分会(え)」は、2月2日に同寺で行われる。

1982年から一般に参加を呼び掛け行われている恒例行事で、91年からは大相撲力士を招待。

今年は北勝富士関(八角部屋、埼玉県所沢市出身)を迎え、かみしも姿の年男年女や町内の幼稚園・保育所園児と共に威勢よく豆をまく。

詰め掛けた参拝者を前に、本堂前の舞台から威勢よく豆をまく人たち= 2019年2月2日、平泉町・中尊寺

節分は立春前夜に豆をまき悪鬼を払うもので同寺では今年、節分前日となる2日に開催。

当日は午後0時30分から年男年女ら一般出仕者の祈祷(きとう)後、1時30分ごろから本堂前特設舞台に並び身福(健康)、財福(自然と人との恵みに感謝)、心福(心の豊かさ)を願いながら豆まきを行う。

用意される豆は落花生250キロと大豆18キロ。

豆まき後には国内旅行券やエアコン、タイヤなどの商品が当たる抽選会も行われる。

問い合わせは節分会講中(同寺事務局内)=0191(46)2211=へ。

 

引用元:岩手日日新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00010001-iwanichi-l03