福を呼ぶ豆を袋に詰めていくみこたち=22日午後、湊川神社

2月3日の節分を前に、湊川神社(神戸市中央区多聞通3)で22日、「福豆」の袋詰め作業が始まった。

邪気を払って福を呼ぶ節分祭の豆まき神事で使う。(鈴木雅之)

用意したのは、色鮮やかな砂糖をまぶした「五色豆」や、いった大豆など計約400キロ。

神職やみこ、婦人会の女性たちが「福まめ」と書かれた黄色い袋に、招福を願いながら手作業で詰めていった。

3日間で計2万6千袋を仕上げる予定という。

節分祭は午前11時からで、豆まき神事は正午ごろから。1袋400円の販売用もあり、旅行券や家電が当たるくじが付いている。

1月26日から2月3日まで買うことができる。

 湊川神社TEL078・371・0001

 

引用元:神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000027-kobenext-l28