令和最初の「壱番福」をかけ全力疾走する「福男福女選び」が大崎町で開かれました。

日の出前から大崎町に集まってきたのは、福男福女選びに出場する139人です。

走り始める参加者は、太鼓の合図とともに都萬神社まで365メートルの坂道をかけあがり、ゴールを目指します。思い思いの仮装で参加する人もいて、イベントを楽しんでいるようでした。

みごと壱番福を掴みとったのは、自主トレのため鹿児島を訪れていたプロ野球選手の小郷裕哉さん(24)。

スタート前に見事1番くじを引き当て絶好のスタート位置を勝ち取り、55秒でゴールしました。

福女の座を掴みとったのは高校生の河野美月さんで、優勝者には、米10キロなどが贈られました。

 

引用元:KKB鹿児島放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00010003-kkbv-l46