12日夜、福岡県春日市の神社で地元の新婚夫婦を祝福する珍しい伝統行事「婿押し祭り」が行われました。

春日神社に400年以上前から伝わる「婿押し祭り」。

前の年に結婚した地元の新婚夫婦を祝う祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

神事の後、締め込み姿の男衆が境内の池の中で酒樽を割る「樽せり」が始まり、縁起物とされる樽の破片を奪い合う姿が勇壮に繰り広げられました。

12日は2019年に結婚した春日市出身の池内紳司さんと朋絵さん夫婦が、男衆から熱い祝福を受けました。

【池内紳司さん】
「皆様に祝ってもらえてありがたく思います」

【池内朋絵さん】
「笑顔のあふれる家庭を築きたいと思います」

家族や地域の絆を深める伝統行事。

2020年も新たな仲間を加え、1年の繁栄と幸せを願いました。

 

引用元:TNCテレビ西日本
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000001-tncv-l40