“福鈴を振る福娘”

阪急沿線のえびす神社「えべっさん」を紹介する「十日戎(えびす)キャンペーン」が1月8日、阪急大阪梅田駅1階中央コンコース・ビッグマン前広場で開催された。

主催は阪急電鉄(大阪市北区)。(梅田経済新聞)

阪急沿線の八坂神社(京都市東山区)や茨木神社(茨木市元町)など阪急沿線にある10社を福娘がPRするイベント。

1999(平成11)年から続く新年の恒例行事で、22回目となる今年は8社16人の福娘が各神社の装束を着て登壇した。

イベントでは、各神社ののぼりを背景に福娘らが自社をPRした後、福鈴を振って商売繁盛・招福を祈念した。

来場者には各神社の「縁起物引換証」付きの「福笹」を授与。2回のイベントで約2000本を手渡した。

十日戎の期間(1月9日・10日・11日)に「縁起物引換証」を神社に持参すると、縁起物「吉兆」が授与されるという。

孫が高浜神社(吹田市高浜町)の福娘として登壇したという女性は「孫がうまく話せるか心配で自分も緊張したけど、ちゃんとしゃべっていたからよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 

引用元:みんなの経済新聞ネットワーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000043-minkei-l27