令和初の年越しを迎え、31日夜から元旦にかけて九州各地でも多彩な催しがあり、初詣に足を運ぶ人たちの姿が見られた。

新元号発表以降、「令和ゆかりの地」として話題を集めた福岡県太宰府市。

坂本八幡宮には大みそかから参拝客が訪れ、例年以上のにぎわいを見せた。

地元有志が温かいお茶や和菓子を用意し、御朱印を求める人たちが暖をとっていた。

毎年初詣に訪れている近くの会社員、堤元彦さん(61)は「地元の誇りだ。

新年もみんなが笑顔で過ごせるよう見守ってほしい」と話した。

 

引用元:西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010001-nishinpc-soci