金魚の産地として知られる奈良県大和郡山市。

市内で毎年開かれている「全国金魚すくい選手権大会」で上位入賞してきた大阪・金蘭会高校3年、三宅莉緒(りお)さん(17)=大阪市平野区=が、関西外国語大(大阪府枚方市)の特別入試に、金魚すくいを「特技」として申し込み、書類選考を通過。

筆記試験などを経て、合格を果たした。

莉緒さんが金魚すくいの面白さに気づいたのは小学4年のころ。

近所の神社であった祭りで金魚すくいをやってみたところ、どんどんすくえ、ほかの子どもらよりずっと多かった。

ほかに金魚すくいができる所がないか両親に探してもらうと、大和郡山市紺屋町の土産物店「こちくや」が金魚すくい道場をしていることがわかった。

さっそく、現在は中学3年の弟の政太朗さん(15)を含む家族4人で入門することに。

毎週日曜、鉄工所を経営する父の敏之さん(54)の車で道場に通った。

 

引用元:朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000012-asahi-soci