赤坂氷川神社(港区赤坂6、TEL 03-3583-1935)が7月1日から、七夕にちなんだ季節の御朱印を数量限定で頒布する。

2018(平成30)年7月から、日本の四季に合わせた夜桜、祭りなどの御朱印をシリーズ化し、期間限定で頒布してきた同神社。

今回は、昨年に引き続き七夕にちなんだ御朱印「星合ひ参り」を頒布する。「星合ひ」とは、七夕の夜に彦星と織姫の2つの星が出合うことを意味する。

御朱印は、七夕の短冊と短冊の由来となった「梶(かじ)の葉」を箔押しして奉製(ほうせい)する。7日には七夕の夜空をイメージした「天の川」も頒布する。

同神社職員の神屋宗太郎さんは「短冊を笹竹につるす現在の七夕の風習は、平安貴族が『梶の葉』に和歌や願い事を書き、天の川を渡る船の舵(かじ)となって星に願いが届くようにと、祈りをささげたことに始まるといわれる」と話す。

「御朱印を手に取った皆さまには、七夕の由来について触れてもらい、古来の人々の生活に思いをはせてもらえれば」とも。

6月30日の「夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)」にあわせて、初の「小型茅の輪(ちのわ)」の頒布も行う。

頒布時間は9時~17時。御朱印の初穂料は各色500円。

御朱印の頒布数は、平日=100枚、土曜・日曜=250枚。

「天の川」は7日のみ頒布。御朱印は7日まで。

「小型茅の輪」の初穂料は300円で6月30日まで。いずれも無くなり次第終了。

引用元:みんなの経済新聞ネットワーク
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ae2c491dcce2877b9acc10876f359d8b075a0de