山梨県甲府市の武田神社で12月12日、年の瀬恒例の大掃除、特大のホウキを使ったすす払いが行われました。

甲府市の武田神社では新年の準備に向け毎年この時期に本殿と拝殿のすす払いを行います。

この日は、10人の巫女と神職が最大で長さ5メートルの笹ボウキなどを使ってホコリやススを丁寧に払い落としました。

武田神社は令和最初となる正月三が日は、今年の11万人を上回る参拝客を見込んでいます。

引用元:UTYテレビ山梨
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000005-utyv-l19