ウサギをデザインした清涼飲料用の自動販売機が19日、出雲大社(出雲市大社町杵築東)勢溜の交差点付近にお目見えした。

お茶飲料付きの「出雲うさぎ御朱印」(500円)が購入でき、参拝者や観光客に出雲来訪をより楽しんでもらう。

観光対策事業「出雲うさぎプロジェクト」に取り組む神門通りおもてなし協同組合(出雲市大社町)と出雲観光協会(同市駅南町1丁目)が、飲料メーカーのダイドードリンコ(大阪市)と協定を結び、設置した。売上金の一部は出雲観光協会に寄付し、観光振興策に役立てる。

設置された自動販売機は「しゃべる自販機」と呼ばれるタイプで、出雲市内での設置は2台目。

自動販売機の外装には出雲うさぎプロジェクトのロゴマークなどがデザインされている。

硬貨を投入すると、地元の女性の声で「神々の国へようこそだぴょん」「ここはうさぎの町だぴょん」とかわいらしい音声が流れる。

神門通りおもてなし協同組合の田辺達也代表理事は「平成の大遷宮後の観光振興に取り組む中で、来訪者に少しでも喜んでもらえたら」とあいさつ。

今後も神門通りに同タイプ自販機を増やす方針で、2月にも設置を計画している。

引用元:山陰中央新報
https://news.yahoo.co.jp/articles/f17d2340659241047675e235a29ee21a7d0cdc55