神子舞を奉納する児童=森町一宮の小国神社

森町一宮の小国神社で18日、例祭が行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で参列者を減らすなど、規模を縮小。感染予防対策を徹底し、神職や神社役員らが日々の平穏と安寧を祈った。

厳かな雰囲気の中、拝殿で神事が営まれ、地元の宮園小の女子児童4人が町指定無形民俗文化財「神子(みこ)舞」を奉納。

みこ姿の4人が竜笛や太鼓の音に合わせ、優美な舞を披露した。

政府が緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大したことを受け、同神社は同日予定していた国指定重要無形民俗文化財「古式十二段舞楽」や、19日の神幸祭を取りやめた。神子舞も中止を検討していたが、参加者からの強い要望を受けて行った。

同神社によると、例祭は同神社の最も重要な祭典で、規模を縮小しての実施は異例という。

打田文博宮司は「無事に例祭を行えて良かった。この状況が1日も早く終息することを祈願した」と話した。

 

引用元:@S[アットエス] by 静岡新聞SBS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00000019-at_s-l22