オリンピックが延期となったことを受けて、聖火リレーの県内の出発地点、高千穂神社では聖火リレーをPRする看板が撤去されました。

看板は3月上旬に設置されたばかりですが、オリンピックの延期を受けて、3月25日午後、撤去されました。

聖火リレーの出発点に決まった直後からオリンピックの成功を祈願する神事などの準備を進めてきた高千穂神社は、延期に理解を示しました。

(高千穂神社 後藤俊彦宮司)「軽いショックは受けました。

1年ぐらいの猶予があったほうが、心落ち着いて、有意義な形で成功させられると思いなおしたところです。」

高千穂神社では、改めて聖火リレー実施に向けて準備に取り組む方針です。

 

引用元:宮崎ニュースUMK
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000005-umk-l45