春日部の粕壁神明社(春日部市粕壁1)で12月14日、「新穀感謝祭」と「酉(とり)の市」が行われる。

天明年間(1781~1789年)に、竹やぶの中から神体と鏡が出土し、祠(ほこら)を建てて祭ったことが始まりといわれる同社。
10時からは、創建時より続くといわれる豊穣(ほうじょう)と1年間の家業の加護を感謝する「新穀感謝祭(しんこくかんしゃさい)」を行う。
その後、札や小さな熊手、暦の販売や参拝客の無病息災を願うおはらいを行う。

夕方からは「酉の市」が開かれ、境内にはさまざまな大きさや装飾の熊手が並ぶ。
例年、買った熊手を納めに来る参拝者や、新たに購入する人々でにぎわう。境内の外の道路にはさまざまな露店が連なる。

担当者は「周辺は交通規制され、神社には駐車場がないため、公共交通機関を利用いただければ」と呼び掛ける

雨天決行。

 

引用元:みんなの経済新聞ネットワーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000021-minkei-l11