見ごろを迎えた涅槃桜=香川県善通寺市善通寺町3の総本山善通寺で2020年3月7日

総本山善通寺(香川県善通寺市善通寺町3)で、ソメイヨシノなどに比べて1カ月ほど早く咲く「涅槃(ねはん)桜」が見ごろを迎えている。

寺によると、3月中旬ごろまで楽しめるという。

釈迦が入滅した旧暦の2月15日ごろに咲き始めることから「涅槃桜」と呼ばれている。

香りが強いのが特徴で、寺の敷地内に約20本が植わっている。

穏やかな気候となった7日、お遍路さんや参拝客らが桜の木の前で立ち止まってカメラを向けたり、じっと眺めたりして楽しんでいた。

さぬき市志度から訪れた公庄(くじょう)庸三さん(72)は「今日は天気も良くて気持ちが良い。春が待ち遠しいね」と笑顔だった。

 

引用元:毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000027-mai-soci