愛知県東海市にある「妙乗院(みょうじょういん)」は、968年ごろに創建された天台宗の古刹。
1000年以上続く歴史ある寺だが、なんと境内の人工滝場で滝行をすることができたり、住職手描きのカラフルな御朱印をいただく御朱印会が開催されたりと、ユニークな取り組みで注目を集めている。
今回はそんな「妙乗院」で、心身をリフレッシュできる体験を紹介する。

■ 初心者も安心!4コースある滝行

名古屋からも近く、町なかで滝行ができると人気の「妙乗院」。
滝行は水量調節で4コース用意している。変更の場合もあるが、毎月第2土曜の15時から行い、16時半からの写経、18時からの座禅と組み合わせが可能。毎回約100人が参加しているという。

■ 276文字の写経で心と体が落ち着く

仏教の経典を書き写す写経は、脳の活性化やストレス解消などによいといわれる。
ここでは高速で般若心経を唱えたあとに写経する。静かな空間で、次第に集中力が高まっていく。

■ 座禅と瞑想で精神統一

住職に効果的な呼吸法を学んでから座禅と瞑想を体験。
滝行、写経と動的な体験のあとで行うことでより落ち着く効果も。
アメリカでも活躍する酒井圓弘住職による30分ほどの講話も含まれる。心に響く時間を過ごせる。

■ 住職手描きのありがたい御朱印

通常はご本尊の書き置き御朱印をいただける。また、オリジナルの御朱印帳も販売している。
限定御朱印会などでは、住職手描きの七福神が描かれた特別な御朱印などが話題。
開催日はホームページ参照しよう。

■ まだまだユニークな妙乗院

妙乗院には国内でも珍しい、ほほえみをたたえている観音さまがいる。
お祈りすると、1つだけ願い事をかなえてくれると言われている。
また、滝場の水に浸すと、占いの結果が浮かび上がってくる水占いや、江戸時代初期に描かれ、本堂天井に設置されている釈迦の涅槃(死)を表した涅槃図(ねはんず)もぜひ見ておきたい。
さらに予約すれば、金魚柄の障子が美しい和室や四季桜のある庭などの案内もしてもらえる。

■妙乗院

住所:愛知県東海市養父町里中51-1
電話:0562-32-1029
時間:9:00~16:00
休み:なし
料金:参拝無料、滝行初回 1500円、2回目からは年間 5500円(水衣レンタルの場合は別途 2000円)、写経初回 3000円、2回目からは年間 6000円、座禅初回 3500円、2回目からは年間 6000円

 

引用元:ウォーカープラス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00213919-tkwalk-life