雲林寺でお目見えした猫の形をした木魚「玉猫」

猫の置物や猫の形をした絵馬を飾る「猫寺」として知られる山口県萩市の雲林寺に、猫の形をしたオリジナルの木魚「玉猫」がお目見えした。

木魚は福岡県久留米市の仏具店が作り、大きさは横30センチ、縦25センチで、しっぽを巻き丸くなって上を向いた猫の姿になっている。

寺では猫や熱帯魚、インコなどの供養を受け付け、毎年7月21日には動物の供養祭を開いており、角田慈成(じせい)住職(49)は「動物の供養の時に使いたい」と話している。

また3月9日まで、木彫りの猫で釈迦(しゃか)の死の場面を表現した「猫涅槃(ねはん)図」を展示している。

釈迦に見立てた横1・2メートル、幅60センチの横たわった木製の猫を、山口市の林隆雄さんたちがチェーンソーで木を削って作った約50体の猫の人形が取り囲んでいる。

開催期間中限定の御朱印を1枚300円で販売している。

拝観は無料で、午前9時~午後5時。

 

引用元:毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000019-mai-life