人気の福知山城の御城印。桔梗紋があしらってある

京都府福知山市の福知山城で、城を訪れた証しになる「御城印」の売れ行きが好調だ。

1月1日の販売開始から1カ月間で1020枚が出ている。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始と福知山光秀ミュージアムの開館の効果で、城の1月の有料入館者数は前年同月比6倍超と大きく伸び、御城印の売上を後押ししている。

神社を巡り集める「御朱印」の城版で、全国的に注目が高まっている。

福知山城のものは、光秀が城下町に名付けた「福智山」で表記し、明智家の桔梗紋をあしらう。

「お土産で配りたい」と、1人で10枚買った人もいたという。一日の最高売り上げ枚数は1月1日の113枚。

「登城日の日付を入れたい」との要望があり、1月28日からは、希望者が御城印に自分で日付スタンプを押せるようにしている。

御城印はハガキ大で税込み300円。

 

引用元:両丹日日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00010000-rtn-l26