諏訪湖で氷がせり上がってできる「御神渡り」について、今シーズンの出現は厳しい状況となりました。

諏訪湖では、けさも八剱神社の宮司や氏子総代が湖の見回りを行いましたが、けさの諏訪の最低気温は平年より3.6度高い氷点下3度で、湖に氷は見られませんでした。

今シーズンの御神渡りの出現は厳しいとみられ、関係者全員で毎朝行っていた見回りは、きょうで終えることになりました。

宮坂清宮司は「この冬は御神渡りどころか結氷すら見えず、少し残念な冬でした」と振り返りました。

今シーズンは各地で記録的な暖冬となっていて、諏訪の先月の平均気温は平年を3.4度上回る2.1度で、観測史上最も高くなりました。

 

引用元:SBC信越放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00369517-sbcv-l20