長野市の西宮神社で1年の商売繁盛などを願う「初えびす」が行われました。

20日朝は、恒例の「お種銭」を求めて多くの人が訪れました。

「神社の前には、あるものを求めて、朝早くから長蛇の列ができています」

お目当ては「お種銭」。神社の祭神・恵比寿様の御霊がこめられた100円玉を1年借り、ご利益があったら翌年倍以上にして返すのがならわしです。

訪れた人:
「みんな仲良く、楽しく暮らしていければ」

美容関係の卸業:
「(県内で)去年悲しい話題も多かった。取引先も含め明るい話題が多くなれば」

1年の商売繁盛や家内安全を願う「初えびす」。西宮神社ではきのうからの2日間で5000体の「お種銭」を用意し、全てなくなったということです。

 

引用元:NBS長野放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000014-nbstv-l20