特大絵馬の願い口に絵馬を納める柿本章校長=島根県益田市内田町で

受験シーズンに合わせ、島根県益田市の萩・石見空港ターミナルビル2階に合格祈願の特大絵馬(縦1・2メートル、横1・8メートル)が登場した。

万葉歌人・柿本人麻呂を学問の神として祭る同市の高津柿本神社の絵馬で「頑張れ、受験生」などと書かれている。3月13日まで設置され、空港利用の受験生を応援する。

全日空中四国支社(広島市)が毎年設置。願い事を書く通常サイズの絵馬も置かれ、特大絵馬の下部にある「願い口」に入れると同神社に奉納される。

このほどあった神事には市内の益田、明誠の2高校や空港の関係者が出席。

「第一志望合格」「浪人しませんように」などと両校の生徒らが書いた絵馬約200枚が願い口に投入された。

益田高の柿本章校長は「体調を整え、力を出し切り、合格を勝ち取ってほしい」と願った。

 

引用元:毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000005-mai-soci