岐阜県郡上市八幡町島谷の慈恩禅寺で、モミジの紅葉が見頃を迎え、拝観者たちを楽しませている。

庭にはさまざまな種類のモミジが植えられ、岩山から流れる滝と池の周りを彩っている。
庭に面した座敷からは美しい秋の風情を一望でき、外国人客らも多く訪れ、縁側に腰掛け盛んにカメラを向けている。

東宜隆(とうぎりゅう)住職は「縁側の近くにモミジがあり、自然の中に座っているような感覚でくつろげる」と話している。今年は例年より1週間ほど色づきが遅いといい、今月下旬ごろまでは楽しめそう。

寺ではこの時期、モミジのイラストが入った御朱印を発行している。

 

引用元:岐阜新聞Web
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00190988-gifuweb-l21