“煙に巻かれても力強く巨大焼きまんじゅうを焼くのは巫女姿のミスひまわり”

いせさき初市(=だるま市)に合わせ1月11日、伊勢崎神社(伊勢崎市本町)で「上州焼き饅祭(じょうしゅうやきまんさい)」が開催される。(高崎前橋経済新聞)

上州焼き饅祭は2003年に数人の有志が初開催し、以降毎年、いせさき初市の日に開催されている。

特製の焼きまんじゅうは直径55センチメートル、重さ5キロが4個で1串。切り分けると1,200個になる。

巫女が煙に巻かれながらも力強く焼き上げた焼きまんじゅうは、煙に巻かれながら見守った人に無料で振る舞われる。

いせさき焼き饅祭の開催時間は14時~、いせさき初市は12時~21時30分。

 

引用元:みんなの経済新聞ネットワーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000008-minkei-l10