新型コロナウイルスをめぐる緊急事態宣言は「神社」にも影響が出ています。

大阪市住吉区の『住吉大社』では、4月8日~5月6日まで、異例の“閉門”を決めました。

「神社では全ての業務を停止致しまして、ご祈祷・お守り・おみくじ・朱印など全て停止しております。」(住吉大社 神武磐彦権宮司)

参拝客は、閉められた門の前から本殿に向かってお参りすることになります。

「住吉大社も門を閉めているということで、蔓延防止の協力を皆様でして、1日も早い収束を願うのを神社としても希望しております。」(住吉大社 神武磐彦権宮司)

 

引用元:MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00032470-mbsnewsv-l27