長福寿寺(千葉県)(C)日刊ゲンダイ

 三大ビンボー財布をやめることが、金運爆上げ財布を作る第一歩。

 そう語るのは、テレビや雑誌で「日本一宝くじが当たる寺」として知られる、長福寿寺(千葉県)の今井長秀住職だ。

自分の財布と向き合うことは、お金さまと向き合うこと。

祈りの心が深まり、お金さまに好かれることで、金運パワーは増大していく。

■「パンパン」「ボロボロ」「ゴチャゴチャ」をやめる

金運爆上げ財布を作るために最も重要なのが、三大ビンボー財布「パンパン」「ボロボロ」「ゴチャゴチャ」をやめることです。

金運に恵まれている人の財布は、一言でいうと清々しいもの。

パンパンでボロボロ、ゴチャゴチャしている財布は、とても清々しいとはいえないでしょう。

では、この三大ビンボー財布をどのように解消するのか。

1つひとつ、順に説明していきましょう。

三大ビンボー財布の1つ目が、パンパン財布です。

「パンパン」とは、お札がたっぷりと入って膨らんだ財布……のことではありません(笑)。

何週間も入れっぱなしのレシート、スーパーやドラッグストアのポイントカード、買い物メモやいつ使うかもわからない 割引チケットなど、お札とクレジットカード以外のもので、パンパンになっている財布のことです。

行く先々でポイントカードを作り、「今日は〝ポイント5倍デー〟だから、あの店に行こう!」と、生活のすべてがポイント中心になっていませんか?

こうした人は、ポイントに振り回されていないか要注意です。

なぜなら、「自分の意思」で買い物しているとはいえない状態だからです。

ポイントカードは、常に行く店のものだけに絞り込んで、あとは処分してしまうことをオススメします。

また現実問題として、財布がパンパンだと「今、いくら財布に入っているか」「今月はいくら使って、あといくら使えるお金があるのか」がわかりにくいでしょう。

「なんとなく使っているうちに、なくなってしまい、今月も足りない」という状況に陥りがちです。

また、ガラクタでいっぱいの財布が、「お金さま」にとって居心地がいいはずはありません。

基本的に、財布の中に入れていいのは、お金とクレジットカードだけです。

ポイントカードなどは、必要に応じてカードケースに入れて別に持ち歩くといいでしょう。

近年では、ポイントカードをアプリケーション化している店も少なくありません。

スマートフォンに導入しておけば、カードケースを用意しなくても済むかもしれません。

また、レシートも、知らず知らずのうちにたまりがちです。

買い物したその場で財布に入れるのはかまいませんが、レシートは定期的に取り出す習慣を身につけましょう。

3日以内、できればその日のうちに財布から出すようにしてください。

「日本一の開運寺住職が教える金運財布の作り方」(KADOKAWA)

 ■お金は人の役に立つポジティブなエネルギー

 三大ビンボー財布の2つ目が、ボロボロ財布です。

「気に入ったモノを長く使う」のは、エコロジーの観点ではすばらしいことです。

しかし、残念ながら財布に関しては、この習慣はオススメできません。

なぜなら、お金さまは世の中をぐるぐる巡って、人の役に立つポジティブなエネルギーだからです。

お金は川の水が流れるように、循環することが望ましいといえます。

それなのに、5年も10年も、ボロボロになるまで使い続けていると、財布は川の中に停滞している石ころのように、お金さまの流れを滞らせてしまうのです。

また、財布には持ち主の感情が宿ります。

同じ財布を使い続けることは、あなたが「どうせ私の金運なんてこんなもの」「このままでいい」と、無意識のうちに考 えていることを表します。

その場合、金運は、その財布を買った当時からあまり変化しないはずです。

財布は祈りの心を深めて、あなたの金運パワーを爆上げする大切なものです。

あなたは、縫い目がほつれて革がボロボロになった財布を「ありがたい」と思って祈ることができるでしょうか?

これまでの金運を一新するためにも、一定の期間が経過した財布は、思いきって買い替えましょう。

■財布と向き合うことは「お金さま」と向き合うこと

三大ビンボー財布の3つ目が、ゴチャゴチャ財布です。

財布は単に、お金さまをしまう場所ではありません。

あなたのお金に対する意識そのものが、財布の状態として現れます。

だからこそ、財布を見ただけで、その人の今の経済状態が手に取るようにわかってしまうのです。

あなたは財布に、ベタベタとキャラクターのシールを貼っていませんか?

ゴチャゴチャとキーホルダーをつけていませんか?

ジャラジャラとチェーンをつけたりしていませんか?

お金の悩みを抱える人は、自分が持っているお金の不安を直視することを避けてしまいがちです。

そして、自分の問題を見なくても済むよう、財布をもとの状態がわからないほどに飾り立ててしまうのです。

お金さまに対して、金運アップを本気でお願いしたいのであれば、まずは財布をスッキリとシンプルなものに取り替えましょう。

自分の財布としっかり向き合うことは、お金さまときちんと向き合うことです。

クリーンな財布を手にし、今の自分の状態を見つめましょう。

そうすれば、金運アップの決意がしっかりと固まるはずです。

今井長秀(いまい・ちょうしゅう)▽長福寿寺第56世住職。1968年、千葉県生まれ。大正大学仏教学研究科修士・博士課程で仏教を学ぶ。経営コンサルティングの日本経営合理化協会で10年間活躍し、経営の神様・牟田學氏より直接指導を受ける。また、累計納税額日本一の実業家・斎藤一人氏からも薫陶を受ける。2011年に「金運アップの吉ゾウくん」を復活させ、参拝者数が60倍に増加。年間20万人が訪れる大人気寺院に育てる。参拝者から宝くじの高額当せんや年収倍増、臨時収入の声が続出し、テレビや雑誌など多くのメディアでも紹介されている。理念は「ご縁ある皆さまを明るく元氣にする《仏教のテーマパーク》を築くこと」。著書に『日本一の開運寺住職が教える金運財布の作り方
』(KADOKAWA)などがある。

 

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000017-nkgendai-bus_all