規模が拡大したプラステラスをPRする川村孝裕実行委員長=富士市の妙祥寺

富士、富士宮周辺の寺院を舞台に体験イベントを展開する「プラステラスフジヤマ2020」(実行委主催)が4月4日から始まる。

初回の好評を受け、2年目となる今回は参加寺院も増加し、実施期間やエリアも拡大した。

5月中旬まで、カレーやキャンプなど流行を意識した体験など多彩な32企画で地域を盛り上げる。

プラステラスは地域に開かれた寺院の再認識してもらおうとの趣向。

県内初開催だった前回の20カ所から今回は34カ所に拡大。エリアも御殿場市、沼津市、静岡市清水区興津など周辺へと広がった。

実行委員長で妙祥寺副住職の川村孝裕さんは「『知らなかったお寺を身近に感じた』など反響は大きく、独自に取り組みを始める寺も出てきた」と喜ぶ。

プログラムも写経やデスカフェなどの人気企画を残しつつ、新企画は半数近くに上る。

妙祥寺は、地元の内藤金物店と協力し、4月10日に「フライパン供養」を開催。近隣のサワダビルでは同11日、インドの寺院を舞台にした映画「聖者たちの食卓」を上映し、カレーやチャイを楽しむ。妙泉寺(富士宮市)では同13、14日に朝のお勤めやヨガを盛り込んだ「寺キャンプ」を初企画。

北山本門寺(同)は5月10日にバイク好きの僧侶が「集え!!御朱印ライダー」と題して御朱印参拝ツーリングを行う。

プログラムや申し込み方法などをまとめた冊子は参加寺院などで配布している。

問い合わせは妙祥寺<電0545(52)1295>へ。

 

引用元:@S[アットエス] by 静岡新聞SBS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000016-at_s-l22