“千葉神社の桜(3月24日撮影)”

千葉市各地で現在、桜の開花が始まっている。(千葉経済新聞)

例年に比べ2月の気温が高く暖冬だったことから桜の開花が早まった。

市内各地では現在、さまざまな種類の桜が鑑賞できる。

千葉公園(千葉市中央区弁天)、栄福寺(若葉区大宮町)ではソメイヨシノが満開。千葉ポートパーク(中央区中央港)はソメイヨイノ、オオシマザクラが満開。千葉市動物公園(若葉区源町)ではソメイヨシノが満開、オオシマザクラは八分咲き、千葉神社(中央区院内)の桜も花を咲かせている。

昭和の森(緑区土気町)、泉自然公園(若葉区野呂町)のソメイヨシノは開花が進み七~八分咲き、亥鼻公園(中央区亥鼻)のソメイヨシノは、六~七分咲き、青葉の森公園(中央区青葉)は早咲きのカンヒザクラ、トウカイザクラ、コウラクザクラは半分以上散っており、コシノヒガンザクラが「花吹雪」状態。ソメイヨシノは七分咲きでこれから見頃を迎えるという。

「千葉市観光ガイド」サイトでは現在、千葉市内にある桜スポットの開花速報を毎日更新している。

 

引用元:みんなの経済新聞ネットワーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000072-minkei-l12