和歌山県那智勝浦町の寺で春の護摩祈祷会が営まれ、一足早く節分の豆まきも行われました。

世界遺産に登録されている那智勝浦町の「補陀洛山寺」では、1月末に春の護摩祈祷会が営まれます。

法要では「家内安全」「身体健全」などと書かれた札が、燃え上がる護摩壇に次々と投げ入れられました。

「鬼は外、福は内」

祈祷が終わると、一足早く節分の「豆まき」が行われました。

【参拝した女性】
「毎年1月にお参りさせてもらうんですけど、ありがたい」

参拝した人たちは、この一年を無事に過ごせるよう、懸命に豆を拾って福を授かっていました。

 

引用元:関西テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-06545401-kantelev-l30