兵庫県丹波市柏原町の柏原八幡宮が17、18の2日間、同八幡宮で執り行う厄除大祭に合わせて大祭限定の「御朱印」を用意している。

サイズははがき大。昨年から始めた限定御朱印で、今年は、金・銀箔が散りばめられた和紙の中央に、「厄除神社御璽」と彫られた判を押し、赤色の墨で「厄除大祭」と伸びやかにしたためている。

300枚を用意。大祭限定としているが、授与は2月末まで続ける(なくなり次第終了)。

1枚300円(税込み)。

同八幡宮禰宜(ねぎ)の千種太陽さん(37)は、「神社の祭は、もともと疫病封じの行事。コロナ禍の今こそ、厄神の出番。参拝者の皆さんには御利益によって、少しでも気持ちの安泰を届けられたら」と話している。

なお、今年は「密を避けたい」と望む参拝者に配慮し、3月末まで厄払いなどに対応するという。

引用元:丹波新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e856047b0c2c404e70f712753217056b198cefb