太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で10日、年末恒例の「すす払い」があった。

烏帽子(えぼし)狩衣(かりぎぬ)姿の神職7人が、長さ約4メートルのササ竹を小刻みに揺らしながら、本殿(国の重要文化財)の天井や梁などのすすやちりを丁寧に払い落とした。

この日は、うっすらと日が差して前日の寒さが和らいだ好天気に。参拝客らが興味深げにすす払いを見守った。

迎える新年は「令和」初の正月。

例年以上に御朱印を求める参拝客が見込まれるとあって、権祢宜(ごんねぎ)の加藤大志さん(29)は「多くの方が気持ちよくお参りされるよう感謝の気持ちで、はらい清めました」。

 

引用元:西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00010014-nishinpc-soci