商売繁盛や縁結びに御利益があるとされる熊本県荒尾市大島の四山神社で、正月用の破魔矢や絵馬など縁起物づくりがピークを迎えている。
神職たちは12月中旬まで、朱色の矢に来年のえとの子[ね]を描いた絵馬や鈴を結び付ける作業にいそしむ。

同神社では、破魔矢とかぶら矢計1200本、熊手800本を準備する。
今回は「令和」の文字が入ったかぶら矢50本も用意した。

正月三が日は4万5千人の参拝を見込んでおり、黒田明司宮司は「子はえとの始まりの年。
多くの人が心新たに新年を迎えてほしい」と話した。

 

引用元:熊本日日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000010-kumanichi-l43