福岡市の櫛田神社で不老長寿を願う神事「ぎなん祭」が行われました。

青空のもと博多の総鎮守・櫛田神社で行われた「ぎなん祭」。

「ぎなん」とは博多の方言で「ぎんなん」のことです。

この神事は櫛田神社の御神木とされるイチョウの木「櫛田のぎなん」をまつり、不老長寿や健康を祈願する神事で、12日は氏子や関係者およそ70人が参列しました。

「櫛田のぎなん」は県の天然記念物にも指定され、樹齢1000年以上といわれていることから不老長寿の象徴にもなっています。

参列者は幹の周りに肥料となる「おから」をまき、1年の健康を願っていました。

神事は「博多祝い唄」で締めくくられ、2020年も秋には黄色に染まるイチョウを楽しめそうです。

 

引用元:TNCテレビ西日本
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000007-tncv-l40