3月3日は桃の節句です。

子供たちの健やかな成長を願って、宮地嶽神社では「流し雛」の神事が行われました。

桃の花で飾られた舟。

ひな人形が乗っています。

福岡県福津市の宮地嶽神社で「流し雛」の神事が行われ、近隣の幼稚園児などおよそ50人が参拝に訪れました。

この日に思いを託したひな人形を禊池に流すと願い事が叶うと言われ、古くから続く神事です。

願い事が書かれた板を乗せた舟が禊池に流されると、参拝客は漂う舟に静かに思いを託していました。

【参拝客】
「孫が11月22日に生まれましたので、元気に育つようにお願いしました」

神社では期間限定で、流し雛神事の御朱印も用意しているということです。

 

引用元:TNCテレビ西日本
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000008-tncv-l40