一番福となった黒木悠輔さん

全国のえびす神社の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日朝、十日えびすにあわせた恒例の神事「福男選び」があった。

午前6時の開門と同時に、約5千人が約230メートル先の本殿を目指して一斉に駆け出した。

「一番福」は、大阪府立藤井寺工科高校の保健体育教諭、黒木(くろぎ)悠輔さん(33)=堺市東区。

硬式野球部の顧問を務め、13回目の挑戦だったという。

「縁があって福男に選ばれた。少しでも福を分け与えられるような充実した1年になれば」と話した。

 「二番福」になったのは西宮市立西宮高校1年の藤本陽紀(はるき)さん(15)。

「大学受験を控える兄にも福を与えたい。

来年は一番福を目指して頑張る」。「三番福」は川崎市多摩区の川畑陽平さん(27)。

就職活動中だといい、「福に縁のない人生だったが、これからは周囲に福を与えられるよう努力したい」と話した。

 

引用元:朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000018-asahi-soci