1月7日は七草の日です。七草がゆを食べて、今年1年間の無病息災を祈る「健康祈願祭」が7日朝、金沢市の尾山神社で行われました。

七草はセリやナズナなど邪気を払うとされる七種類の野草が入ったおかゆを食べて、1年の平和と健康を祈る新年の風習で、金沢では加賀藩の五代藩主前田綱紀の時代およそ330年前から続く伝統行事です。

7日朝、前田家ゆかりの尾山神社には、加賀八家前田土佐守家14代当主の前田直大さんら39人が参列し、神前に供えられた七草の前で玉串をささげた後、さっそく七草がゆを味わいました。

参列者は七草がゆを食べながら、今年1年間の無病息災を願っていました。

 

引用元:MROテレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010001-mrov-l17